プロフィール

Yuti

Author:Yuti
地域密着型の工務店です。
ぜひぜひ見て下さい!
地元の大工だから出来ることや、昔ながらの職人だからこそ出来ること、住みてのことを1番に考えて提案し、末永いお付き合いしていけたらいいなぁ~!と思い日々奮闘している会社です。
宜しくお願いします。


承諾をとってないものもありますので肖像権の主張、プライバシー保護的観点でご自身の画像使って欲しくない方は直ぐにご一報下さい。可及的速やかに善処します。

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 2012/10/25/Thu 16:44:28
  • COMMENT:2
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:仕事

地産地消と大工の技術

昨日は出雲崎の山へ行って来ました。
の写真を見ればわかると思いますが、杉林です。
IMG_1844.jpg
ここは新潟県産の杉を育てている山なんです。
弥彦山とは違って、木の下の方には枝がついていませんよね?!
わかりますか? 枝は全部、節になってしまうの枝打ちをして切ってしまいます。
IMG_1850.jpg
実際にこんな感じでチェンソーで木に切り込みを入れて倒していきます。
本当はここで、実際に木を倒して、機械で余分な枝を切って運ぶといった工程を行う予定だった
のですが、まだ機械が来ておらず… 見れませんでした…

さて、次に向かったのは。
ここ『 越後森林館 』
IMG_1852.jpg
そこには六角形をしたトラス構造の建物があって、金物は使っていないそうです。
昔ながらの大工の技術が生かされた建物で、木を木を止めて作ってあるんです。
現代の住宅は金物だらけ…
挙げ句の果てに、作っているのは日曜大工…

僕らみたいな大工さんは本当に少なくなっています。
もちろん若い世代の大工のなり手もほとんどいません…
悲しい現実です。
家のプラモデルを作っている若い人はたくさんいるのにね。
技術を持たずに大工なんてやってて楽しいのかな?!
既製品を組み立てて終わり。
自分で1から作ってみたいとは思わないのか?!
IMG_1860.jpg

それはさておき。
直径100cmくらいの杉の丸太。
見て下さい。この年輪の美しさ。
細かくて奇麗ですね。
こんな丸太を自分で加工してみたい!とは思わないのか?!
IMG_1865.jpg
ちょっと愚痴混じりになってしまいましたが、
久しぶりに現地視察に行けて良かったです。
スポンサーサイト

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

嬉しいコメントをいただきました。
ありがとうございました!

僕の書いてることは、僕の自己満足に過ぎないのかもしれません。
現実、材料の質や手間暇かけて作っても、それが金額に比例してしまい
どうしてもコストアップしてしまう現実があります。
その反面、ユーザーもここまで求めているお客様が少ないことも現実だと思います。
実際にハウスメーカーさんと金額勝負的な話になることもしばしばあります。
同じことをしていては、勝負になりませんし、
金額だけなら負けるでしょう。
ただ、僕らは質や技術も含めてお客様にあったデザインを考えて
そこにオリジナリティーがあり、お客様が満足出来るものであれば
多少高くても納得していただける!と思っています。
『信頼』これが1番です。
それと、出来る限り大工の技術を伝えて行きたいとも思います。

コメントを書いていただきありがとうございました。
これからも頑張ります!
NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://carpentar18.blog84.fc2.com/tb.php/754-70066f0b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。