プロフィール

Yuti

Author:Yuti
地域密着型の工務店です。
ぜひぜひ見て下さい!
地元の大工だから出来ることや、昔ながらの職人だからこそ出来ること、住みてのことを1番に考えて提案し、末永いお付き合いしていけたらいいなぁ~!と思い日々奮闘している会社です。
宜しくお願いします。


承諾をとってないものもありますので肖像権の主張、プライバシー保護的観点でご自身の画像使って欲しくない方は直ぐにご一報下さい。可及的速やかに善処します。

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 2011/03/08/Tue 09:03:56
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:仕事

先日のこと…

先日、ちょっと時間があって知り合いの工務店さんにお邪魔しに行きました。
たまたまお客様が来てらっしゃったので、これから打ち合わせなのかな?!と思い
『また遊びに来ますね~』と声を掛け立ち去ろうとすると、『大丈夫だからおいで~』と言われ
僕もその席にお邪魔させてもらってると、やっぱりお客様で家の話をし始めました。
そのお客様は大手ハウスメーカーやローコスト住宅での住まいを考えている感じ。
工務店に来たのはこれが始めてだと言う。
僕の隣で某工務店の社長さんは話を始めた。
『 なんで工務店に? 』『 なんでハウスメーカーやローコスト住宅に? 』
そんな話のやりとりを数分間。
最終的にお客様は、『 安くてカッコイイし、大手だから安心だしね。 』
社長さんは苦笑い。
そんな時に社長さん、僕を紹介。
社長  『 彼ね。燕の総合建築 行栄っていう工務店さんの若で2代目なんですよね~ 』
僕   『 始めまして。打ち合わせ中にお邪魔してしまってスイマセン… 』
社長  『 あのさ~今の話聞いてどう思う? 』
僕   『 えっ? 』
社長  『 思ったことハッキリ言っていいよ。 』
僕   『 … 』僕の心の中では…人のお客様そんなハッキリ言えるわけないじゃん!
社長  『 多分、同じこと考えてると思うからハッキリ言って大丈夫だよ。 』
お客様 『 ぜひハッキリ言って下さい。 』
僕   『 じゃぁ… 少しですがお客様のお話を聞かせてもらって、お客様がホントに
      自分達の家を造りたい!って気持ちが僕には伝わってきませんでした。 』
社長  『 うん。 』
僕   『 それと今まで、大手ハウスメーカーやローコスト住宅の話を伺ってきたとのことですが、
      お客様は家が寒くても、結露しても、気にしないんですか? 』
お客様  『 気にしますよ! でも、そんな話聞いたことないかも… 』
僕   『 だと思いました。きっとお客様はマインドコントロールされてたのかもしれませんね。
      大手ハウスメーカーやローコスト住宅の宣伝や広告を気にし過ぎてたのかも…ですね。
      宣伝や広告に莫大なお金をかけて宣伝してますからね。それも、お客様負担みたいなぁ…
      お客様が求められるなら仕方ありませんが、僕は少なからず間違った住まいを造ってほしく
      はありません。間違ったとはお客様に合わない家ということです。 』
お客様 『 今までそんな言い方されたことありませんでした…
      デザインとかコストとか保証とか… 』
僕   『 もちろんそれも大切なことですよ。でも、デザインは後で変更も調節も出来ますし
      コスト面でもお客様と話しながら本当に必要なのかと我慢出来るのか話したりしますし
      保証は大体どこも一緒です。ただ、地元の工務店じゃないとちょっとしたトラブルの時でも
      すぐに対応してくれるとこはないと思います。うちなんかも年中無休です。
      お客様から連絡が来れば、すぐに対応できるようにしますね。それが地域密着の良さです。』 
お客様 『 そんなことまで気にしてなかったわ… 』 
僕   『 失礼かと思いますが、もう少し家の知識を持った方が良いと思います。
      そうすると今以上に楽しく住まいの計画を建てることが出来ると思います。
      本来であればそれを僕らが伝えてあげないとダメなんだと思いますけど…
      力不足ですいません… 』
社長  『 そういうことなんです。ありがと。 』    

とこんな感じの会話を1時間くらい話させてもらいました。
お客様には、大きなお世話をしてしまった部分もあったかと思います。
大変失礼しました。でも笑顔で帰られたので大丈夫だったでしょうか?!
もう少しいろんな話を聞いて良い住まい計画をなさって下さい!

みなさんが暮らす家は、ただの箱ではありません。
少なからず1000万以上のお金が必要になりますし、普通であれば住宅ローンを最長で35年…
ずっと支払い続けなくちゃならないのです。
10年後、15年後に建て替えを検討されてるお客様であれば、安い家を建てて
15年後にまた造り直せばいいことですから、なんの問題もないと思います。
それに安ければなんでもいいよ!っていう方でも問題ないでしょう。

ぜひ、造って後悔なさって下さい。

僕はそんな家をお客様に提供は出来ません。


スポンサーサイト

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://carpentar18.blog84.fc2.com/tb.php/577-c21d28e4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。