プロフィール

Yuti

Author:Yuti
地域密着型の工務店です。
ぜひぜひ見て下さい!
地元の大工だから出来ることや、昔ながらの職人だからこそ出来ること、住みてのことを1番に考えて提案し、末永いお付き合いしていけたらいいなぁ~!と思い日々奮闘している会社です。
宜しくお願いします。


承諾をとってないものもありますので肖像権の主張、プライバシー保護的観点でご自身の画像使って欲しくない方は直ぐにご一報下さい。可及的速やかに善処します。

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 2008/02/13/Wed 13:06:26
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:日記

皇居編 お初です。

僕! 初皇居だったんです!
正直、皇居って別に行かなくてもいいかなぁ~なんて思ってたんですよ。
イヤ~ね… それがね~~
実際に行って見るとこれがまたビックリなんです!
とりあえずスゲぇ~~~!って感じ。 
何がスゲぇ~って?! 全部! 全部なんですよ!
ホントに感動しました!!

この写真は『 二重橋 』って言う場所でいつでも見られてみなさん記念写真をいっぱい撮ってました。
でも日本人観光客って言うより、韓国人やタイ人とかが多かったみたいです。
ガイドの人も言ってました。
あんまり本などでは紹介はされては無いけど、外国人観光客は行って見たい人がとても多いんだよって。
ただ、場所が場所だけに観光客が多すぎるのも警備するのに莫大なお金がかかるからねって。
確かにそうですよね。 これ全部税金。。。

皇居

それはさておき。
『 坂下門 』
天皇陛下の公務などに使われる出入口。
特別な時に開けられる門なんだそうです。
とりあえず、警備員がとても多くて、悪いことしてないのに何かしちゃったかなぁ…なんて。
そんな気分にさえなりそうな雰囲気なんですよ!

皇居1

いよいよ!!
皇居内に入りますよ!


 『 宮内庁庁舎 』

皇居4

 『 二重橋 』

皇居5

 『 富士見櫓 』
どこから見ても同じシルエットに見えるので八方正面の櫓とも言われてました。
関東大震災が起きた時には被害を受けて修復するのが大変だったようです。

皇居3

 『 長和殿 』
入母屋造りの大屋根と柱と梁で構成されて日本古来の建物ですね。

皇居8

 『 桃華楽堂 』
簡単に言えば音楽堂です。

皇居6

 『 皇居の庭 』

皇居7

たっぱり2時間30分くらい。。。
ずっと歩きながら説明を聞いて約3キロくらい歩きましたよ。
さすがに疲れました…

ホントはもっと写真をアップしたいのですが…
諸事情によりアップすることが出来ません…
ホントに残念です!!  ん…残念!!


スポンサーサイト

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://carpentar18.blog84.fc2.com/tb.php/188-91047ed7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。